TOP 購入 写真 支払い 査定 ADAC 保険 タイヤ交換 車情報
車情報 交通規則・罰則 歩行者・自転車交通規則 初心者用交通標識 点数制度 免許証発行 免許証停止 車の登録・変更・抹消 車の保証 事故車
連絡先
  • 支払い方法
  • 車の支払い方法は、通常現金払いになっていますが、他にも支払いの方法はあります。

    一般に提示されている車の価格は、現金払いを条件として計算された値段です。 よって、それ以外の、下記に説明があるリース、ローン、バローン等の支払い方法では、それなりの書類手続き − 書類作成、信用調査等 − が必要になってきますので、その手続き料と金利等が、別途に車の価格に加算されます。

    通常は、特に個人名義の車の場合は、現金払いの方が、その手続き料、金利が付きませんので、一番経済的なのです。 <お得な>ローン、<お得な>リースというキャッチフレーズが、もしあるとすれば、それは事実に反し、あくまで現金払いが、経済的には一番お得になります。
      1.リース  

    この方法が適用されるのは、90%以上が会社名義の社用車です。 又、社用車の90%がリース契約です。 最大のメリットは、購入代金の資金枠を車にではなく、他への転用が可能になってくる事です。 つまり資金負担の軽減です。
    車の借用で、契約後車を返還する事になります。リース月額には更に自動車保険、自動車税、冬タイア、更にメンテナンスを含めたフルリースもあります。
    更に、リース月額料金はローン月額料金とは違って税金控除の対象、つまり経費として落とせる事です。ローン月金額は落とせません。 但し、この場合は減価償却の対象になります。
    個人名義の場合はこのメリットは適用されません。

    Ebiharaでは、各関係正規ディーラーを通じて、
    BMW Bank
    Mercedes-Benz Leasing Bank
    Volkswagen Bank (V A G Bank)
    Toyota Lease Bank
    などより、直接月額料金を提示しております。

    Ebiharaへの手数料は無料です。

    リース契約の前に、信用調査が入ります。 特に、新しく設立された会社又は連絡事務所の場合、ドイツでの実績が全くない事になりますので、審査の認可を取るのに苦労しますが、

    Ebiharaでは、この場合でも、今までの実績と親密な関係より、特別認可を取れたケースもかなりありますので、一度、Ebiharaにお問い合わせ下さい。
    勿論、今までのリース契約期限が切れて、新しくリース契約を更新したい企業の方も、一度、Ebiharaにお問い合わせ下さい。

      2.ローン  

    家賃と同様の意味を持つ車の借用のリースとは違って、これは車の購入です。
    殆どが個人名義になります。
    ローンの完納後、自分の所有物になり、その後車を転売する事により、ローンの一部がまた戻ってくる事になります。 通常、月額料金は、リース料金の倍くらいになっていますが、転売による資金還流で、トータル的にはリースより経済的にはややお得でしょうか。
    但し、転売、つまり買い手を探す手間が必要になってきますが、転売価格によっては大きなメリットになるチャンスはあります。
    よって、この場合は転売し易い、なるべく高く売れる車を選んでおくと便利です。

    取扱い銀行は、上記のリースと同じです。

      3.バローン又は残価付きローン  

    この方法は、上述したリースとローンとをミックスしたものです。 この方法は次ぎの三つの選択肢があります。

    a. 月額料金支払期間の終了後、そのまま返還 (この場合はリースと同じ)
    b. 最後に残価を支払っての買取り (この場合はローンと同じ)
    c. 最後の残価を更に延長 (バローンの延長)

    この選択は調達時ではなく、期間後に通知すればOKです。
    よって残価付きのローンとも呼ばれています。
    新車、新古車しか適用出来ないリースとは違って、バローン方式は、新車のみならず、更にどんな中古車にも適用出来る事です。

    そして、会社名義の社用車でも、個人名義の個人車の場合でも適用され、現金払い以外の方法をお考えでしたら、選択肢のあるこの方法が一番のお奨めです。但し10.000EUR以下の中古車の場合は安くなる時価の関係でローン額とほぼ同じになる場合があります。

    取扱い銀行は、上記のリースと同じです。


    これら三つの方法の月額料金を出す条件として、
    1. 期間 (12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月…・・)
    2. 頭金の有無とその金額 (多ければそれだけ、月額料金が少なくなります、金利負担も減ります)
    3. 年間走行予定 (リースとバローンの場合のみ必要、ローンの場合は不要。走行予定が多いほど、残価は減り、よって月額が高くなります)


    現金払い ローン リース バローン
    長所 ○ ディーラーとの価格交渉をし易い ○ 経済的負担が少ない ○ 月額がローンより更に少ない ○ リースを同じ、月額が少ない
    ○ 最初から自分の所有物 ○ ローン完納後、自分の所有物 ○ 転売の手間がかからない ○ 購入、返還、延長の選択可能
    ○ 社用名義の場合、税控除
    短所 × 経済的負担が一番大きい × 金利がかかる × 自分の所有物にならない × 経済的に一番不利の場合がある
    × 転売する手間がかかる × 転売する手間がかかる × 契約変更が複雑


    それでは、購入コーナーのページへ!

    www.EbiharaGermanCar.com
    ページの先頭へ戻る