TOP 購入 写真 支払い 査定 ADAC 保険 タイヤ交換 車情報
車情報 交通規則・罰則 歩行者・自転車交通規則 初心者用交通標識 点数制度 免許証発行 免許証停止 車の登録・変更・抹消 車の保証 事故車
連絡先

事故車(Unfallwagen) - 全てが悪い訳ではない

ここで、時々問題になる事故車(Unfallwagen)について述べてみましょう。

車の売り手はドイツでは、もしその車が事故車の場合、買い手にその由を、つまり、修理の内容とその費用も含めて、口頭か書式にて正直に知らせる事が法令上義務付けされています。これを怠ったり、故意に隠したりした場合、後日その車が事故車と判明したら、売り手はその車を買い戻すか、値引きの交渉に応じなければなりません。個人売買の場合も、勿論そうです。車メーカーの名前を背負って新車も販売している正規契約ディーラーは、その信用を大事にし、買い手との法律上のトラブルを避けるため、その義務はむしろ大袈裟な程に厳守しているのが通常です。一方、新規の客が主な中古車専門業者のところでは、事故車である事を知らせないか、故意に曖昧にしてしまうケースが偶々あります。口頭では無事故車と言っても、契約書には何時の間にか事故車と記載されているケースもありました。走行距離でさえ記載されていないケースもあります。

では、事故車とは全てが悪いのでしょうか? 事故車とはどんな車なのでしょうか?
ここで、大事な事は事故車にも事故の程度で、いろいろあるという事です。
よって、事故車を大きく二つに分類してみましょう。
事故車の大半は、追突、車や障害物との衝突で、修理内容の殆どが、一つDM2000位のバンパー、ドアー、フェンダー等の車体部品(Body Parts)です。そして、追突しても、されても、事故車。駐車場の壁や柱にぶつかっても事故車になります。

分類A - 修理費用がDM6000以下の場合。これは上記の車体部品を交換しただけの修理である筈で、よって、軽い衝突事故の筈です。新品部品との交換でむしろ新しくなった訳で、プラスに考えても良いくらいです。ある正規のディーラーは前のバンパーの角のプラスチックのカバー(DM600相当)を交換して、事故車と言っていました。勿論日本人は問題なく、その車を購入しましたが。これらの車は購入しても、全く問題ありません。むしろ積極的に買うべきでしょう、部品が新しくなり、値段もそれだけ安くなっているからです(修理費用の約10%以上)。しかも、中古車には通常1年保証が付きます(ディーラーによっては有料になります)。

分類B - 修理費用がDM10―15.000以上の場合。これは大掛かりな修理であった筈で、問題です。エンジン部分にも係わっているものでしたら尚更です。購入を避けるべきでしょう。又、事故車と知らされても、その内容と修理費用が曖昧で、詳しく知らせてくれない場合も、購買は絶対に避けるべきでしょう。
しかし、例外もあります。新車VW Polo 4ドアー、オートマ、エアコンを購入された日本人が正面衝突して、修理費用DM20.000の大事故を起こしました。VW正規ディーラーで完全修理させて、1年後に帰国のため、売却しようとしましたが、他の日本人がなかなか買ってくれません。その間、長距離旅行などをして、全く問題なく、また売り手が完全保証すると約束してもです。結局、通常DM10.000(無事故だった場合はDM14.000位)で売れる処を、ある日本人が経済上DM6000しか払えないという事で、その人に泣き泣き売却しました。それから1年後の今も快調に走っているとの事です。この人はDM7200も安く、お買い得な買い物をした事になります。

よって、事故車だからと、全く毛嫌いするのではなく、その内容を吟味してみる事も、掘り出し物を見つける意味で大事な事なのです。

目次へ戻る
www.EbiharaGermanCar.com